注文住宅施工例一覧

無垢材の木が香る家

完成したてのS様邸。新しい住宅と共に新しい思い出を造っていって下さい。(自然素材住宅)

施工のポイント
いつ、何時、誰に見られても恥ずかしくない位に、材木「内装材」にはこだわりを持って施工しました。紹介しきれないので、気になる人は当社までご連絡ください!

施工例写真

家のアクセントととして、ヒノキの7寸角を使用しています。かなり良いヒノキの柱です。

家のアクセントととして、ヒノキの7寸角を使用しています。かなり良いヒノキの柱です。

土台にヒノキ4寸角を使用。

土台にヒノキ4寸角を使用。

無垢材の梁も必見!骨太の構造にも注目して欲しい。

無垢材の梁も必見!骨太の構造にも注目して欲しい。

建て方翌日の建物です。丈夫な家に仕上げるぞ!

建て方翌日の建物です。丈夫な家に仕上げるぞ!

仕上がってしまうと、見れなくなってしまう小屋裏です。小屋組みをしたり、野地板もべニア板は使わず杉板を使用しています。

仕上がってしまうと、見れなくなってしまう小屋裏です。小屋組みをしたり、野地板もべニア板は使わず杉板を使用しています。

断熱材の方は、次世代省エネルギー基準対応。高性能グラスウール16kを使用。

断熱材の方は、次世代省エネルギー基準対応。高性能グラスウール16kを使用。

以前の建物の大黒柱を製材し直して、玄関内に再利用します。なんってったって、ケヤキの為!

以前の建物の大黒柱を製材し直して、玄関内に再利用します。なんってったって、ケヤキの為!

家の顔、玄関です。ポーチ柱はヒノキを使用し現しに。ちなみにサッシは、リクシルのサーモスを使用。かなりイイ感じ!です。

家の顔、玄関です。ポーチ柱はヒノキを使用し現しに。ちなみにサッシは、リクシルのサーモスを使用。かなりイイ感じ!です。

玄関ポーチの天井に杉の羽目板を使ってみました。飴色に変わってきて、イイ感じです。

玄関ポーチの天井に杉の羽目板を使ってみました。飴色に変わってきて、イイ感じです。

リビングダイニングは、広めの間取りにし、天井・腰板には、杉材。床板には、ヒノキの節ありを使用しています。かなりイイ感じです!

リビングダイニングは、広めの間取りにし、天井・腰板には、杉材。床板には、ヒノキの節ありを使用しています。かなりイイ感じです!

玄関正面にアクセントのヒノキの7寸柱。玄関框に再利用したケヤキ。いい色に仕上がっています。

玄関正面にアクセントのヒノキの7寸柱。玄関框に再利用したケヤキ。いい色に仕上がっています。

トイレに関しては、大工(自分)が思った通りに造らせて頂きました。一見の価値があるかも・・・。カウンター下の扉は、大工の自作です。

トイレに関しては、大工(自分)が思った通りに造らせて頂きました。一見の価値があるかも・・・。カウンター下の扉は、大工の自作です。

クリナップのユニットバスです。施主様セレクトでシックに仕上がってます。断熱性能もいいです。

クリナップのユニットバスです。施主様セレクトでシックに仕上がってます。断熱性能もいいです。

2階リビングです。内装材を替えてパイン材を使用。温かみがある北欧風に。

2階リビングです。内装材を替えてパイン材を使用。温かみがある北欧風に。

寝室は全部パイン材の板張りです。勾配天井に梁現し、造り手は、大変だったけど、大変喜んでもらいました!

寝室は全部パイン材の板張りです。勾配天井に梁現し、造り手は、大変だったけど、大変喜んでもらいました!

和室も床の間付で仕上げました。壁は左官仕上げに畳もこだわっています。

和室も床の間付で仕上げました。壁は左官仕上げに畳もこだわっています。

物件スペック

地域名 埼玉県加須市  旧北川辺町
家族構成 大人6人
延床面積(坪単位) 45.45
工法 在来木造軸組(木造在来)
竣工年月 2014年1月